ダイエットとカロリー

スポンサード リンク

ダイエットのためのカロリー一覧

 

ダイエットをするためには食事制限だけをすれぎば良いわけではないと思いますが、自分の食事の量の大体のカロリーを知ることはとても大切だと思います。

 

一度、一日に食べた食事の量のカロリーをだいたい、計算してみてショックを受けてください。

実は、私も食事の量を大体カロリー計算をしてみたら・・・・・とっても食べ過ぎていることが分かりました。

 

こんなに、食べていたら痩せるどころか、現状維持もたいへんなカロリーを摂取していました。

 

カロリーを摂取した分だけ、運動をしていればよいですが、運動もしない、歩くこともなかなかしないという生活でしたら、やはり、ある程度のカロリー計算をして食事の量を認識すると良いと思われます。

 

食べ物のカロリーを調べていても100gあたりのカロリーはいろいろなサイトでのっていますが、食品の100gあたりの量がどれくらいなのか、普通の主婦の私には皆目見当がつきません。

 

そこで、スーパーで買う食品の1個あたりが、どれくらいの重さなのかを写真で分かりやすくご紹介します。

スポンサード リンク

基礎代謝の計算の仕方

まず、カロリー計算をする前にご自分の基礎代謝量を計算して見ましょう

 

この基礎代謝量とは一日中、寝ていて息をしているだけの状態でも体が必要としているカロリー量です。

基礎代謝量以下のダイエットは健康に良くないので、きちんと必要量はカロリーを摂取しましょうね・

 

計算式

女性:665+(9.6×体重kg)+(1.7×身長cm)−(7.0×年齢)

男性:66+(13.7×体重kg)+(5.0×身長cm)−(6.8×年齢)

 

上記の計算式にご自分の体重、身長、年齢を当てはめて計算してくださいね

 

 

基礎代謝量が分かれば体重維持に必要なおおよそのカロリーが分かりますよ

基礎代謝は体重の60%-70%をしめているので、簡単に計算するときは、基礎代謝量を60%-70%で割ってくださいね

 

デスクワークが中心で余り体を動かさない人

 

基礎代謝量÷0.7=体重維持に必要なカロリー

 

肉体労働や毎日1時間以上、運動を続けている人

 

基礎代謝量÷0.6=体重維持に必要なカロリー

 

体重を落とすということは脂肪の分量を減らすということですので、脂肪1kgを落とすにはなんと7000kcalもダウンしなければならないのです・・・・・数字で見るとかなりのショックな数字ですよね

 

まず、ダイエットをしようと思ったら、ご自分が一日にどれくらいのカロリーを食べているかを把握し、ご自分の基礎代謝量と必要摂取カロリーを計算して、だいたいどれくらい食べても良いのかを理解するだけで、食事と摂取カロリーに対する意識が変わってきます。

 

 

☆当サイトは私がカロリー計算をするときに、100gってどれくらい??

主婦が料理をするときに、いちいちgを測って料理を作っているともおもえず、スーパーで買ってきた食品の単位で目分量で料理をしていると思います。

当然、私の料理の仕方もそうです。

ですから、自分がカロリーを調べるときに、分かりやすいように作ってあります。

カロリーなどの数字は日本食品標準成分表の数字から引用しています。

参考程度に活用してくださいね。

カロリー一覧